亡くなったとき

組合員が死亡した場合

死亡当時被扶養者であった人が組合員の埋葬を行った場合、一律に50,000円が「埋葬料」として支給されます。

埋葬料の支給を受けるべき人がいないときは、実際に埋葬を行った人に、埋葬料の額の範囲内で、かかった費用の実費が支給されます。

被扶養者が死亡した場合

被扶養者が亡くなったときは「家族埋葬料」として、一律に50,000円が支給されます。

当健康保険組合の付加給付金
埋葬料附加金
一律50,000円
家族埋葬料附加金
一律50,000円

平成28年7月1日以降に給付事由が生じた埋葬料附加金・家族埋葬料附加金については支給されません。(埋葬料附加金・家族埋葬料附加金の廃止)