退職後の医療保険制度

退職後の制度

退職後に、再就職するなどして新しい職場の健康保険に加入しない限り、任意継続(加入条件あり)か国民健康保険、又は他の親族の扶養家族(加入条件あり)のいずれかを医療保険制度として選択する必要があります。

国民健康保険を選択した場合、一定の条件を満たしていれば退職者医療制度が適用されます。

他の親族の扶養家族となる場合は、その親族の加入している健康保険等に加入条件等をあらかじめ確認してください。

また、いかなる医療保険制度に属していても、75歳以上ならば後期高齢者医療制度で医療を受けることになります。