限度額適用認定証と特定疾病療養受療証について教えてください。

入院時に医療費が高額になる場合、組合員が医療機関等で支払う窓口負担額を自己負担限度額(高額な医療費がかかったとき)までとする「限度額適用認定証」を発行します。

限度額適用認定証は本来組合員に給付される高額療養費を当共済組合が組合員に代わって直接医療機関等に支払うものであり、使用するしないにかかわらず、最終的な自己負担額に差はありません。

特定疾病療養受療証は血友病・慢性腎不全で人工透析をしている場合等で、長期に高額な療養を受けているとき、70歳未満の標準報酬月額53万円以上の方及び被扶養者は自己負担限度額が20,000円、その他の方は自己負担限度額が10,000円までとなります。

Posted in: 医療費について