認定対象者に配偶者がいる場合、配偶者の収入は関係ありますか?

認定対象者の収入は向こう1年間130万円未満(障害年金受給者または60歳以上の公的年金受給者は年収180万円未満)であることが条件です。

ただし、夫婦間における相互扶助義務は社会通念上、他の親族における相互扶助義務より優先するため、どちらか一方の収入が収入限度額を超えていなくても、夫婦2人の合計収入がそれぞれの収入限度額を合算した額を超える場合には2人とも被扶養者として認定できません。

例えば、夫婦がともに60歳未満で障害年金受給者でない場合は夫婦の収入の合算が260万円(130万円の2人分)未満であることが条件となります。

同様に、夫婦のどちらかが60歳以上の公的年金受給者でもう片方が60歳未満(障害年金受給なし)の場合は夫婦の収入の合算が310万円(180万円+130万円)未満であることが条件となります。

最後に、夫婦がともに60歳以上の公的年金受給者の場合は夫婦の収入の合算が360万円(180万円の2人分)未満であることが条件となります。

Posted in: 扶養認定について