組合員の配偶者の父母を組合員の被扶養者として扶養することはできますか?

組合員の配偶者の父母を扶養する場合、基本的に直系血族である配偶者(すなわち子)が扶養することとなります。

ただし、組合員の配偶者が組合員の被扶養者である場合や配偶者が国民健康保険に加入されている場合には、組合員と組合員の配偶者の父母が同居の場合に限り、組合員の被扶養者として認定することが可能です。

なお、組合員の配偶者が就職等により親を扶養できるようになれば、組合員の被扶養者からはずす必要があります。

Posted in: 扶養認定について