海外旅行中に医者にかかっても共済組合の給付は受けられるのでしょうか?

組合員又は被扶養者が海外で診療を受けた場合、国内での療養費を基準として、当共済組合が認めた療養費の支給が受けられます。ただし、組合員の場合は、業務外の病気やケガに限ります。業務上による病気やケガの場合は、地方公務員災害補償法の対象になるためです。

手続きとしては、療養費請求書のほか、診療内容明細書や領収明細書に日本語の翻訳文を添付して提出してください。なお、海外療養費の支給額算定に用いる邦貨換算率は、給付決定日現在における外国為替換算率(売レート)を使用します。
給付額は海外で支払った額をもとに計算した額と国内の基準により計算した額とを比較して少ない方を支給します。

各国との医療事情の違いから実際に支払った額より極端に少なく支給されることがあります。

また、療養を目的として海外に出向き、診療を受けた場合は給付対象とはなりません。

Posted in: 短期給付について